SCROLL
完成予想CG

タウンからシティへ。

音楽が聞こえる街で育つ子ども達は、どんな大人になるだろう。
海外から多くの旅行者が訪れる街には、どんな誇りが生まれるだろう。
子育て・教育環境、ショッピング施設の充実など
家族の幸せなシーンにあふれる、暮らしのタウン「流山おおたかの森」は
いま、官民一体で取り組む新たな駅前開発の誕生により
シティへと進化を遂げようとしています。
帰る街から、出かける街へ。そして多くの人々を招く街へ。
ホテルやホール(公共施設)、そしてレジデンスが一体となって
いま、この街はタウンからシティへと生まれ変わります。
計画地上空からのイメージイラスト

MIXED USE DEVELOPMENT

流山市と共同による
「マンション・ホール(公共施設)・ホテル」の複合開発。

「つくばエクスプレス」の開通を機に、都市の利便性と豊かな自然が心地よく共存する街として進化し続けてきた「流山おおたかの森」。いま、その駅北口で新拠点に相応しい交流空間の形成を目的とした複合開発が推進されています。それは、スターツコーポレーション株式会社が流山市と共に、マンション・ホール(公共施設)・ホテルの建設を手掛けるビッグプロジェクト。いま「流山おおたかの森」の未来は、さらに大きく羽ばたこうとしています。
RESIDENCE マンション計画〈クオン流山おおたかの森〉
全241戸のビッグシティを計画。駅とダイレクトで結ばれた利便性の高さを誇るマンションは、安全性に優れた免震構造を採用。子育てに配慮した施設も内包します。
  • 全241邸
  • 駅直結徒歩2分
  • 免震構造
  • 保育所併設予定
  • 防音スタジオ
  • キッズスペース
HALL ホール(公共施設)・(仮称)市民窓口センター
全506席の音響に配慮した多目的ホールと各種市民サービスを提供する窓口、相談室、会議室、パスポート窓口を備えた(仮称)市民窓口センターを設置します。
  • 全506席
  • 音響に配慮したホール
  • リハーサル室
  • 市民サービス窓口
  • 会議室
  • パスポート窓口
HOTEL&SHOP ホテル・商業施設

「クオン流山おおたかの森」居住者利用特典有り(予定)

11階建、客室167室、バンケット機能を備えたホテルを実現。付随する商業・業務施設としてレストランやフィットネスルーム等を配置する計画です。
  • 11階建・167室
  • 駅から直結
  • 大浴場
  • フィットネスルーム
  • レストラン
  • バンケット
※掲載の情報は平成29年6月現在のもので、今後変更となる場合がございます。予めご了承ください。

駅・公共施設・ホテルとペデストリアンデッキで直結。
「流山おおたかの森」で“唯一無二”の資産性

駅徒歩2分×駅直結物件は
わずか1%

2016年1月〜2017年4月の間に首都圏で登場した新築分譲マンションのうち「駅徒歩2分」の駅近立地に建つ物件は53物件。さらに「駅から直結」という利便性を兼ね備えた物件を絞り込むとわずか5物件で、首都圏においては1%未満しか存在しません。 (株)不動産経済研究所調べ

駅とペデストリアンデッキで
直結の物件はTX初!

つくばエクスプレスが開通した2005年1月以降に沿線(秋葉原〜つくば)で供給された物件は238物件。このうち駅徒歩2分以内の物件は30物件でした。しかし、これまで駅とペデストリアンデッキで直結している物件は分譲されておらず、本計画はTX初の駅直結物件となります。 ※当物件含む※2017年9月現在※2005年1月以降に販売されたMRC補足・既入力ベースの新規分譲マンション物件数。対象期間は2005年1月〜2017年6月15日まで。※データ資料:(有)エム・アール・シー

※掲載のCGは図面を基に描き起こしたものであり、形状・色味等は実際とは異なります。なお、外観形状の細部、フェンス、照明・排水設備、室外機・換気口・避難ハッチ・給湯器等の設備・避雷針等、内部形状のエアコン吹き出し口、天井点検口等諸設備の設備機器、敷地周囲の電柱、標識、ガードレール等は表現しておりません。植栽については、特定の季節、時期、またはご入居時期を想定して描かれたものではありません。また、葉や花の色合い、枝ぶりや樹形は想定であり、実際とは異なります。予めご了承ください。※事業内容は計画段階のものであり変更となる場合があります。※掲載のイメージイラストは地図を基に描き起こしたものに、計画段階の図面を基に描いた外観完成予想図を合わせたもので実際とは異なります。建物の大きさ等は実際と異なります。また道路・建物等は一部省略・簡略化しております。